› SATSUKI TAILORオーナーブログ › ファッション豆知識 › 【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~

2017年05月28日

【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~

いよいよ、最高気温が25度を上回るのが当たり前の季節になってきましたね。

街中を見渡しても、ジャケットなしのノータイスタイルの方が多いように思えます。

さてさて、そんなこんなで、クールビズのシャツをテーマにした第2弾。

前回は、ジャケットがなくてもしっかりカッコよく見えてビジネスでも使いやすい柄をご紹介しました。
ただ、職場によってはシャツは白の無地じゃないといけない!という方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は、白の無地シャツをいかに着こなすかをテーマにしたいと思います。

そもそも、白のシャツというのは、元々の起源をたどれば、下着のような扱いのものでした。
その上に、ジャケットやネクタイを締めることによって、成り立つ存在であり、全体の下地となるものですね。
だからこそ、無地の白シャツ単体というのはどうしても、カッコよく見せるには、少々工夫が必要になります。

大前提となるのはジャストサイズのものを着ているということになりますが、
本日主にお伝えしたいのは、『衿の形』です。

まず、ビジネスの基本の衿はいわゆるレギュラーカラーです。
ネクタイを締めた時に、一番Vゾーンが綺麗に見える王道のカラーですね。
しかし、このレギュラーカラーこそがノータイでは天敵なんです。
ネクタイを締めることで綺麗に見せている分、ネクタイを外し、ノータイとなると、なんだか締まらない印象になってしまいがち。

では、ノータイの時でも、違和感なく、締まった印象を与えてくれるのは、主に、下記3つ。



左から順に、

ボタンダウン、ワイドカラー、ホリゾンタルカラー

ですね。

ボタンダウンは、見ての通り、衿の端をボタンで留めるタイプのものです。

ワイドカラーは通常のレギュラーをベースに、より開いたタイプのもの。

ホリゾンタルは、ワイドよりもさらに開いたタイプのもの。

ノータイの時のだらしない印象は、襟がひらつくことにあります。
だからこそ、それを防ぐためのボタンダウンや、
逆にあえてより広げることで爽快な印象を与えるワイドやホリゾンタルが相性がいいわけです。

また、衿の大きさも、通常レギュラーカラーですと8cm幅のものが多いですが、
6-7cmくらいの小さめの衿を選ぶと、こちらもノータイの時は、綺麗にまとまって見えます。

これから夏本番でより、シャツの重要度が増してきますね!
そんな時の参考にしていただければと。






同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事画像
【スーツコラム④】お国柄から見るイギリス生地とイタリア生地の違い
【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~
【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~
【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル
【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い
同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事
 【スーツコラム④】お国柄から見るイギリス生地とイタリア生地の違い (2017-06-28 14:16)
 【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~ (2017-05-04 14:34)
 【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~ (2017-04-14 16:07)
 【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル (2017-04-09 17:23)
 【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い (2017-03-19 11:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。