› SATSUKI TAILORオーナーブログ › ファッション豆知識 › 【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~

2017年04月14日

【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~


本日のスーツコラムはブリティッシュトラッド柄についてのご紹介。
本日、お客様から、私のジャケットを差し、「いいグレンチェックだね」とお褒めの言葉をいただきました。

ありがたいですね。
こちらのジャケットですね。



でも、厳密にいうと、こちらは、グレンチェックではあるものの、もう少し正式な名前があるんです。
グレンチェックとはこちらのこと。



もう一度、私のジャケット。


一緒じゃない??
と思われるかもしれませんが、よく見ると、ブルーのチェックが重ねてあるのが見られませんか?
こちらのジャケットベースは、グレンチェックであり、その上にブルーのチェックが重ねてある
通称プリンス オブ ウェールズという柄です。

昔、ウェールズの皇太子が好んで着ていたことから由来が来ています。
ちなみに、グレンチェックのグレンとは渓谷とか谷間の意味で、スコットランド地方の谷間の地域で織られたのが名称の由来です。

具体的には、小さな格子が集まって大きな格子を構成した柄を指し、
千鳥格子やごく小さな格子など四種の単位模様を規則的に並べてあります。


そんなとき、じゃあ、これも、それ?との質問が。


こちらは同様にグレンチェックの上に、パープルのチェックが入っています。
こちらは、厳密にいえば、線の色が違うため、プリンス オブ ウェールズの変則といったところでしょうか。


これらの、グレンチェックやプリンスオブウェールズはブリティッシュトラッド柄を語る上で、欠かせない柄の一つですね。
非常にクラシカルで高貴な印象を与えてくれます。
こちらの柄は、非常に深みのあるため、若い方では、その柄に負けてしまいがちです。

私もジャケット単体・パンツ単体では着ますが、
セットアップスーツとしては、まだまだ似合う年齢と経験を経ていないためまだまだですね。

スーツ業界でブリティッシュ回帰が叫ばれる昨今、ぜひ覚えておいていただきたい柄です。
興味がある方はぜひ、当店にお問合せ下さい。

次回は、また別のブリティッシュトラッド柄のご紹介をします。


同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事画像
【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~
【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~
【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル
【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い
同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事
 【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~ (2017-05-28 14:38)
 【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~ (2017-05-04 14:34)
 【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル (2017-04-09 17:23)
 【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い (2017-03-19 11:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。