› SATSUKI TAILORオーナーブログ › ファッション豆知識 › 【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル

2017年04月09日

【スーツコラム②】馬術服とトラッドスタイル


こんにちは、4月に入りだいぶ暖かくなってきましたね!
春の衣替えとなると、どこかお客様が選ばれるアイテムの軽やかな印象のものが多くなってきます。

そんな中、先日、当店としてはほおっておけない柄を着られている方がいらっしゃいましたので、そのご紹介を。
それはこちらのシャツの柄。



こちらの柄はタッターソール。
ただのチェックではなく、ちゃんと、正しい名前があるんですね。

一般的にこのように、白字に二色使いの格子のことを差します。
さらに、厳密にいうと、赤×黒の組合せがより由緒正しい組合せになります。

こんな柄ですね。



元々タッターソールとは、イギリス初の公設馬市場の創設者の名前です。
当時、そのタッターソール家の馬には、この柄のブランケットがかけられており、
その柄を馬関係者がベストに仕立てたことから世に広がるようになりました。

このように、馬術は、元々、ジャケットやベスト、シャツなどを着用することから、馬術発祥のアイテムやディティールというのは現在でも多く残されているんですよね。

他にも、オーダースーツのオプション加工で、ポケットを斜めにすることができます。
このようにですね。



実はこちらも馬術由来なんです。
通称、ハッキングポケットであり、こうして斜めにすれば馬にまたがったときに、物の出し入れがしやすくなるんです。

他にもスーツの生地でいうと、フランネル生地などは馬術でよく使われてたものですね。


このように意外と馬術とトラッドスタイルには深い結びつきがり、それを知った上で着こなすとまた一味違った印象を与えらますね。

冬になったら、フランネル×ハッキングポケット×タッターソールシャツ、それら全体をブリティッシュテイストでまとめた
馬術スタイルで仕立ててみたいものですね。

特に、スーツで自転車に乗りながら通勤される方にお勧めのスタイルです。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。



同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事画像
【スーツコラム④】お国柄から見るイギリス生地とイタリア生地の違い
【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~
【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~
【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~
【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い
同じカテゴリー(ファッション豆知識)の記事
 【スーツコラム④】お国柄から見るイギリス生地とイタリア生地の違い (2017-06-28 14:16)
 【クールビズコラム②】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの衿編~ (2017-05-28 14:38)
 【クールビズコラム①】クールビズをカッコよく過ごすには~シャツの柄編~ (2017-05-04 14:34)
 【スーツコラム③】ブリティッシュトラッド柄~グレンチェック編~ (2017-04-14 16:07)
 【スーツコラム①】60年代モッズスーツとの出会い (2017-03-19 11:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。