› SATSUKI TAILORオーナーブログ › 2017年06月

2017年06月28日

【スーツコラム④】お国柄から見るイギリス生地とイタリア生地の違い


今年の梅雨はなかなか雨が降らないですね、
お陰で6月でも夏のような暑い日々が続いています。

さてさて、今日は、生地の違いについて。




生地の産地は、大きく分けて、3種類、国産・イギリス・イタリアの3つです。
中でも、今回は、イギリスとイタリアの違いについて紹介していきます。

同じいわゆる高級スーツの代名詞である、両国ですが、
そのスーツにはそれぞれ違いがあり、それがお国柄を表しています。

皆さん、イギリス人と言えば、何を思い浮かべますか?
逆に、イタリア人に対するイメージはどんな感じでしょうか?

イギリスといえば、カチッとした質実剛健な英国紳士を思い浮かべ、
イタリアといえば、ジローラモさんのようなちょい悪オヤジのようなものを思い浮かべるんじゃないでしょうか?

同じダンディズムをとっても、硬派なイギリス、軟派なイタリアといったところですね。


それもそのはず、そもそもの国の土地柄を考えるとすごくイメージしやすいです。
イギリスは北にあり、いわゆる寒いエリア。
だからこそ、スーツも3つ揃えでカチッとしたくなりますよね。

一方のイタリア。
特に、長靴の先端の南部においては地中海の非常に温暖なエリア。
暖かく気分も開放的になるため、ちょっとはだけたセクシーな感じになりがち。

そうした、お国柄を理解していると、両国が作るスーツ生地の違いがよく分かります。

イタリア生地の特徴は、光沢感と柔らかさ、色柄も豊富で華やかな印象になりやすいです。
そのため、当店でも非常に人気が高いです。

一方のイギリス生地の特徴は少しざらついた肌触り、ハリやコシが強く、
丈夫なつくり、落ち着いた色柄が多くカチッとしまった印象になります。
良いものを長く着続けたい方にお勧めになっています。

どうでしょうか?
すごく両国の特徴をあらわしていますよね。

ちなみに、日本はどうかというと、
両方のいいとこどりをして、値段を安く、コストパフォーマンスを上げた感じになります。

これもこれで日本らしい(笑)

やっぱり、着るものはその国の特徴をよく反映しています。

もし、それぞれの生地の違いをもっと知りたい方がいましたら、お声がけ下さい。




  


Posted by SATSUKI at 14:16Comments(0)ファッション豆知識

2017年06月14日

【当店の裏話①】スーツ屋あるある話~ハンガー編~

梅雨入りしましたね。
ただ、梅雨入りしたと同時にいやに晴れるようになったりと、不思議な天気が続いていますね。

本日は、いつもと感じを変えて、服関係の話ではなく、当店の裏側を少しご紹介。
何回かに分けて、スーツ屋あるあるシリーズを。

うちのようなオーダースーツ店もそうですが、
全国どこのアパレル店も共通した悩みがあります。

商品の仕入れ?


お客さんが来ない?


店の清掃?


色々あると思いますが、最たるものは、

『大量のハンガーが出る事』なんですよね笑

先日も同じくアパレル店を経営されている方とそんな話題で盛り上がりました。

ホント、意外とこれらが店のスペースを取るんです。



当店も一番大きいサイズの段ボールに詰めていますが、
すぐいっぱいになっちゃうんですよね。

それも、うちのようにジャケットを扱うところは、ハンガーが大きく、めちゃくちゃかさばります。

ハンガーは、基本的に、仕入れ先や縫製工場から送られてくるときは、そこのハンガーが使われています。
しかし、そのハンガーにはその仕入れ先の会社名がプリントされています。
そのため、お客様にそのまま渡すことができないわけです。

当店も、基本的には、無地の持ち運び用ハンガーに付け替えてお客様にお渡ししています。

そうすると、行き場をなくした、ハンガーが大量の山となるわけです。

一応、送り返せば、引き取ってくれるのですが、かさばる分、送料+段ボール料金がそれなりにかかるんですよね。
かといって、処分するのも自然に優しくないのと、プレスチックと金属が混じっているため、分類も大変なんです。

こうした事情があるため、
個人のアパレル店の方に言えば、ほとんどの方が、無料でハンガーを大量にくれます笑

意外とジャケット用ハンガーとか、値段がするんですよね。
でも、お気に入りのアイテムを長持ちさせるためにも、しっかりとしたハンガーでの保存は不可欠です。
会社名がプリントされていることを気にしないのであれば、重宝する逸品です。

もし、ハンガーが欲しい方がいらっしゃたら、一度、気軽に声をかけてみてはいかがでしょうか?

特に当店は喜んでプレゼント致しますよ。


  


Posted by SATSUKI at 16:47Comments(0)当店の裏話